--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-05-21

原因不明の高波

324 名前: 1 ◆3Z7vqi3PBI 投稿日: 2008/05/05(月) 21:18:50 ID:DbXWLJ/r0
それでは本題に入ります。オカルト板なのでこじつけっぽさはお許し下さい。

4日、韓国西部の海岸で原因不明の高波が発生しました。
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=99592&servcode=400§code=430
<保寧高波>穏やかだった海が突然、人々を飲み込んだ

この保寧(http://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/content/000036065.jpeg)
000036065.jpeg

という場所は、下の龍脈図でみると、上海及び杭州湾の龍脈の延長線上にある場所です。
龍脈図に何となく定規を当てると分かります。
1日には気の流れを激化させる働きのある杭州湾海上大橋が開通したばかり。
急に激化した気の流れは他の場所の気の流れを犠牲にするなどのしわ寄せがあるのではないかと
以前書きました。恐らく、そのしわ寄せで、急に激化した気の流れが一気に対岸へ押し寄せた
のではないかと思います。

http://www9.wind.ne.jp/imai-a-a/hongkong/2004053.jpg
2004053.jpg


325 名前: 1 ◆3Z7vqi3PBI 投稿日: 2008/05/05(月) 21:58:40 ID:DbXWLJ/r0
ちなみに、龍脈の終点の一つである上海と姉妹都市の横浜と、保寧と姉妹都市
の藤沢は崑崙山脈一帯とほぼ同緯度。崑崙から真横にレイライン風に線を引くと
たどり着く地域です。同じくその線を引くと伊勢原断層(活断層)と交差します。

伊勢原断層:平塚市から厚木市にかけて存在する活断層。仮に首都圏直下型地震が起きた場合の
震源地候補の中にも入れられている。
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/saigai/katudanso/katudanso7.jpg
katudanso7_1024.jpg
326 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2008/05/05(月) 22:09:43 ID:DWB5qeDg0
>>325
貴重なご意見、どうも、ROMさせていただいてます。

1殿、質問です。
上記の地図は、中国大陸のものですが、
日本のものを描くとするとどうなるのでしょうか。

昔のオカルト小説では、大連と東京が龍脈でつながっているとか、言及されていた
こともありました。

328 名前: 1 ◆3Z7vqi3PBI 投稿日: 2008/05/05(月) 22:31:12 ID:DbXWLJ/r0
ちなみに、龍脈の終点の一つである上海と姉妹都市の横浜と、保寧と姉妹都市
の藤沢は崑崙山脈一帯とほぼ同緯度。崑崙から真横にレイライン風に線を引くと
たどり着く地域です。同じくその線を引くと伊勢原断層(活断層)と交差します。

伊勢原断層:平塚市から厚木市にかけて存在する活断層。仮に首都圏直下型地震が起きた場合の
震源地候補の中にも入れられている。
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/saigai/katudanso/katudanso7.jpg
katudanso7_1024.jpg

329 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2008/05/05(月) 22:34:48 ID:/jCRHX+50
チョモランマの業火が、大雪で立ち往生だそうだ。
チョモランマ・スレで、大雪を祈ってくれ。

http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1209836434/l50

330 名前: 1 ◆3Z7vqi3PBI 投稿日: 2008/05/05(月) 22:36:06 ID:DbXWLJ/r0
>>326
今のところ、大陸と日本を結ぶ龍脈図をネットで発見できてません。
相関図なら私よりも帝○物語の作者の方が詳しいかも・・・
今は地図帳とにらめっこです。目がしょぼしょぼします。

日本国内の龍脈図は
http://www.kazemizu.com/basis/basis_map.html

レイライン=龍脈という考えを採用するならレイラインマップも
http://images.google.com/images?hl=ja&rls=SNYH,SNYH:2005-09,SNYH:ja&q=%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%80%80%E6%97%A5%E6%9C%AC&lr=&um=1&ie=UTF-8&sa=N&tab=wi

331 名前: 1 ◆3Z7vqi3PBI 投稿日: 2008/05/05(月) 22:46:04 ID:DbXWLJ/r0
>>329
まあ聖火が登るか登らないかは大局的にはそれほど影響ないと思いますが、祈っときます。
もしも登頂予定日が12日以降にずれ込んで、16日になった場合、運気がややチベットより
になるので山頂は(チベットにとって)ちょっといい風が吹くかも。


8000mだとジェット気流なんですけどね。

332 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2008/05/05(月) 22:50:10 ID:DWB5qeDg0
>>330
おお、1殿ありがとうございます。助かります。
オカルト的に言うと、現在の地球は地表が鳴動しつつある状態だそうです。

龍脈の定義が私には私にはわかりかねますが、
ご紹介の龍脈図を考察いたします。

なお、レイラインは太陽に関するものなので、
むしろ地の龍ではなく天の龍を指すものでしょう。

太陽と月と地球の距離が調和していたのが月が少しずつ、
地球から離れているそうです。
潮汐作用の影響から、地球内部ならびに地中地表に
影響が出ているのかもしれません。

正直、月が離れていく理由がわかりませんが…

333 名前: 1 ◆3Z7vqi3PBI [sage] 投稿日: 2008/05/05(月) 23:35:05 ID:DbXWLJ/r0
>>332
龍脈は平たく言うと「その土地の気の流れをたどったもの」です。
「気」というのも中国独特の概念ですね。気功の「気」とおなじエネルギーです。
レイラインは太陽に関するものでしたか。
とりあえず今回は巷によくあるレイラインと龍脈を同一視するのは
止めておきましょう。中国にレイラインの概念があるかどうかも微妙ですし。

「気」とは(余計わからなくなる可能性あり):
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%97
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。