--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-05-21

太歳について

68 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2008/04/13(日) 00:27:37 ID:fcn/cEHVO
境で地震、時同じくして内モンゴルで川氾濫。
これは国が割れるの意か。占いでもなんでもないですが。
掘り起こしたらその王朝は滅ぶと言われたのも掘り起こしてるし。
当初は核関係を考えてました。

69 名前: 1 ◆3Z7vqi3PBI 投稿日: 2008/04/13(日) 01:26:54 ID:3sZBrYcu0
>>68
うわー、どこも民族問題でもめてる場所;
>掘り起こしたらその王朝は滅ぶと言われたもの
太歳とかいう植物とも動物とも取れない変な生き物のことでしたっけ?
http://x51.org/x/05/07/2846.php
太歳は伝説によると木星の精と言われてるようです。
北京五輪のホロスコープで木星を見てみると、太陽と木星が150度でした。
良い暗示と悪い暗示が表裏一体という意味で、
良い暗示では「目に見える発展、経済発展」「物質文明の繁栄」悪い意味では「過剰な発展、過剰肥大(自我肥大)含む、拝金主義による行き詰まり」「精神文明の衰退」です。
人に例えれば知能は優れていても精神性や心の奥深さに欠けた(そこから目を背けた)エゴイスト、と言った感じでしょうか。
あの国の政権(=王朝)が滅ぶとしたら、まさしくそこが原因になるのでしょう。その欠けた(欠乏した)ところを補えるのがチベットです。

ふと思ったのですが、あの地は将来チベットのお陰で救われるのかもしれません。予言しときます。

そして、中国はある意味で先進国の負の部分(拝金主義)を映す鏡なのかもしれません。

70 名前: 1 ◆3Z7vqi3PBI 投稿日: 2008/04/13(日) 01:31:18 ID:3sZBrYcu0
訂正
あの地→あの地の人々

土地が救われるんでなく、あの国を形成する人々の心に癒しや救いや平安などの良い影響を与えるってことです。
608 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2008/05/13(火) 06:00:07 ID:GvwDZL+K0
太歳続報

http://www2.ipcku.kansai-u.ac.jp/~nikaido/kotoba03.html
その中ではちょっと知名度が低いのですが、殷郊(いんこう)という神がいます。
これは太歳(たいさい)神の一つです。太歳とは恐ろしい疫病神で、伝承では
土の中に埋まっていて、それを掘り起こした者はタタリにあうといわれています。

「太??上?土(taisui toushang dongt?)」とは、直訳すれば「太歳神の上の土を掘る」
ですが、「よりにもよって」「火薬庫のそばで花火」「身のほどしらず」といった意味で
使われます。前に新聞で、強盗が間違って公安関係の建物に押し入って、すぐに
御用になった事件で、「よりによって太歳の頭の上」という報道のされ方をしていました。

http://lovekeno.iza-yoi.net/rondo12.htm
中国の宋の時代に書かれた「太平広記」に この太歳に関するこんな話があります。。。

『ある男が太歳の方位に当たっているとは知らず、土木工事を行った。すると掘り返した
土の中から”赤い肉のような菌のようなかたまりに無数の目が付いた奇妙な物体”を
発掘してしまった。驚いて眺めていると、道行く僧に「これは太歳だから元の場所に
埋めもどし、土木工事を中止しなさい」と助言され、それに従ったがその男と家の者は1年

のうちに全員死に絶えてしまった』

この赤い肉が太歳神自身と言うわけではなく、太歳の運行に合わせて土中を移動する化身であるとされていますが、もしこの太歳を掘り出してしまったら、鞭で百たたきすれば災厄から逃れられる、とか、食べると美味であるとかいう話も伝わっています。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。