--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-05-28

たいまつ(トーチ)

46 名前: 1 ◆3Z7vqi3PBI [sage] 投稿日: 2008/05/23(金) 00:15:31 ID:KvcD41XY0
たいまつ(トーチ)のシンボル:
闇を照らす。真実を照らし明るみにする。再生の炎。魔よけ。



魔除け。聖なる火に自分が除けられちゃったりして。


50 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2008/05/23(金) 01:00:54 ID:iTP7Osu10
>>46
聖火リレーは長征ルートを辿り、革命の炎と結びつけた
プロパガンダとして中共は使っているようです。

他には聖火をプロメテウスの火と考えて、「知性」の獲得と結びつけるか。
そうすると暁の子とつながってくるんですけれど、知恵の実を与える蛇とか。
こじつけすぎかw

>>47
更新、乙です。
51 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2008/05/23(金) 01:05:15 ID:xy3jWm7s0
引用ですが8月の誕生石について

ぺリドット 橄欖石
名の由来:ギリシャ語の「捜し求める」を意味する「epidotos トパゾス」
石言葉:運命の絆
別名イブニングエメラルド。
地球に落下した隕石の中に見つけられる石。
古代エジプトの時代から太陽の石として崇められた。
金と共に細工したものを身に付けておくと持つ者の恐怖心を取り去り、平和や喜びを授け、絆を強力にする。
熱湯を冷ます石として熱くなりやすい人を冷静にする効果も。
ハワイ諸島では女神ペレの涙として重宝されている。

サードニクス 赤縞瑪瑙
名の由来:ギリシャ語で「サード」は「赤」、「オニキス」は「指の爪」という意味。
       ギリシャ神話の中に、キューピットが睡眠中のヴィーナスの爪を鋭い矢で切る遊びをしていたところ、
       その爪がインダス川に落ちてオニキスになったという話がある。
石言葉:夫婦愛
古代ローマ時代には縞模様を利用してカメオに細工し愛用された。
この時代は黒、白、赤、の三つの層があるものが良い石とされ、黒は「謙虚さ」白は「美徳」赤は「勇気の象徴」とされていた。
聖書の中でもヨハネの黙示録で神の国の城壁を飾る12の宝石の5番目に登場する。
夫婦和合をもたらす石。夫婦円満、愛の象徴とされ、身につけることで愛のキューピッドとしての役割を果たす。
健康にも効果があり、家に置いておくと家族を病気から守る。


この分野には疎いのですが、皇帝(4)と女帝(3)と魔術師(1)の和合によって新たな暁の子(8)が誕生するというということでしょうか
タロットの8は女性が獅子の口に手を向ける「力」、8と結び付けられる11は「正義(裁判の女神)」
生命の樹での第8セフィラのホド(Hod 栄光)はラファエルが守護天使ですね
金と共にということで第6セフィラのティファレト(Tiphereth 美)を伴えての栄光になると

52 名前: 1 ◆3Z7vqi3PBI [sage] 投稿日: 2008/05/23(金) 01:06:51 ID:KvcD41XY0
>>50
知恵の身を与える蛇というと、ヘルメス(水星の神)の杖を思い出します・・・

8つながりのニュース
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20080522/158533/?P=1
四川大地震で浮上した“2008年例外説”
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。