--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-06-06

ヒトラーの予言

659 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2008/05/30(金) 02:58:53 ID:PFU4f55G0
ヒトラーの予言とかは関係ないのかな・・?
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha400.html

※ ヒトラー率いるナチス・ドイツ軍は1939年9月1日午前5時、
ポーランドに侵入して第二次世界大戦を起こしたが、実は、その前夜に
ヒトラーは側近にこう語っていたという。

「明日は輝ける魔の日だ。自分だけに許された“定めの日”だ。
将来、この日、この時刻にまた大戦を起こそうとする者が東アジアに現れるだろうが、
自分以外の誰もこの日を所有できない……」


:「東方が巨大な実験の場になる」──『永遠の未成年者集団』の出現
↑これは意味わからないけど。

東アジアで大戦起こしそうな(起こせる)国
9月1日はオリンピック後?と、まあ、それだけなのだけどw
占い関係ないし卵も全然関係なくてスミマセン。

666 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2008/05/30(金) 11:29:08 ID:JwIoh7ZU0
>>659
そこを紹介するなら、これ↓を紹介しないと。

>ナチスとチベットの妖しい関係
> 第1章 ベルリンのチベット人死体の謎
> 第2章 ヒトラーに思想的影響を与えたハウスホーファー教授と「緑龍会」
> 第3章 ナチスと「来たるべき民族」伝説
> 第4章 「シャンバラ魔国」説を作ったテオドール・イリオンの探検記
> 第5章 20世紀最大の探検家スウェン・ヘディンとナチスの関係
> 追加  シェーファーSS少佐の「チベット探検隊」について
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha200.html
667 名前: 1 ◆3Z7vqi3PBI [sage] 投稿日: 2008/05/30(金) 13:18:30 ID:DEnHDc3q0
>>658
チベットとユング心理学・・・相性良さそうですね。
私が感じていることは、多くの人がどこかで感じていることなのでしょうね。
まさしく元型的な問題意識なので。

>>659>>666
ヒトラーはドイツの集合無意識に抑圧された【獣】の感情をなんのためらいも
無く思いっきり決壊させて国民を飲み込ませましたからね。
その彼が「東方実験場」という話をしたのは興味深い。東方のあの国で
同じように無意識に抑圧されたものがあふれ出す現象がおきそうですから・・・
チベットは素晴らしい精神文化を発達せる力があると同時に、強力な
黒魔術を扱うことも出来たという話を聞いたことがあります。50年代には
毛沢東を呪い殺す意見も出ましたが、仏教の理念に反するとして却下されたそうです。

>>660
想像するとおかしいですよね。
>>661
そのネタはわかりません。すいません。

>>662
全然スレチじゃないです。むしろ貴重な鑑定情報です。
ありがとうございました。後ほど私自身でもカードの
元型的な読み方をさせていただきたく思うのですが・・・
空白のカード。興味深いです。
>>663
コキントウ・・・・謎は深まるばかり。

673 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2008/05/30(金) 18:25:40 ID:d0wd4v+M0
>>659
五島勉を信じてるのかwwwwww
おまえ、IQいくつ? 

675 名前: 1 ◆3Z7vqi3PBI [sage] 投稿日: 2008/05/30(金) 19:03:29 ID:DEnHDc3q0
「ニーベルンゲンの伝説」というのは心理的な解釈をすると面白いかもしれないです。
三島由紀夫がヒトラーに興味をもっていたというのは知りませんでした。

「魔族」は多分外部から無意識領域に与えられたコンプレックス因子で、自我の発達を妨げるもの。
いじめや虐待、甘やかし、気質に合わない環境などによって植えつけられた精神発達の遅れや劣等感や
自己否定感なんかもそれに属するでしょうか(ヒトラーや三島由紀夫もそれにやられた感じ?)。

ジークフリートは自己の発達を通し人格形成と成熟を目指す(精神的な意味で生命力にあふれた)若者。
でも大いなる魔族(コンプレックスとその因子)により発達を止められてしまった。
ある種の人格障害みたいな感じでしょうか(多分ヒトラーや三島も同じ症状)

外に出すことが出来ず無意識領域に抑圧(地上から抹殺)された「発達の可能性」。
その「抑圧」に対して無意識領域に押し込められた側(ジークフリートのいたニーベルンゲン一族)
が戦い復讐する物語。ドイツ風ハルマゲドン。でもみんな死んじゃった。
戦い方が悪かった。「コンプレックスが住んでいるから」といって無意識そのものを
「抑圧」したから。無意識の中には「発達の可能性」がとらわれているのに、無意識ごと
それまで押し殺してしまった。「コンプレックスを植えつける者」に反発しながらも、自分もまた
(植えつけられた)コンプレックスからは自由になれなかった。反抗しつつも自由になれない葛藤。
(それを知って自暴自棄になり非行や自殺に走る若者は多い)
可能性を抑圧された絶望と怒りは集合無意識にあった「獣=ヴォータン」に乗って地上に出現。
ドイツ人は抑圧していた無意識に飲まれ、結果ユダヤ人に八つ当たり。
非行に走る若者にカツアゲされ殴られるお金持ちの子供みたい。

ヒトラーの予言に出てくる「ロボット人間」は反抗もせず自由にも目覚めずただ支配されるがままの
自我の象徴。抑圧に気づかず、決して発達する可能性は無い。
彼の予言は、そんな「コンプレックス」のレンズを通して覗いた未来かも。

676 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2008/05/30(金) 19:40:33 ID:d0wd4v+M0
ヒトラーの予言=五島便の捏造。
だいたい、「わが闘争」なんて売っているの?
グランドクロスの日=鍵十字なんてノストラダムスからひねり出した捏造じゃん。
でたらめを元にして解釈を進めるのは良くない。
朝日新聞の記事並みに信用できない。

687 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2008/05/30(金) 22:18:39 ID:afmo6Gae0
>ヒトラーの予言=五島便の捏造。
>だいたい、「わが闘争」なんて売っているの?

本屋に行ったことのないバカ発見。
「わが闘争」はロングセラーで、角川文庫で普通に買えるよ。


688 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2008/05/30(金) 22:23:07 ID:S2d7Kmzh0
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%8F%E3%81%8C%E9%97%98%E4%BA%89-%E4%B8%8A%E2%80%95%E5%AE%8C%E8%A8%B3-%E8%A7%92%E5%B7%9D%E6%96%87%E5%BA%AB-%E7%99%BD-224-1/dp/404322401X

アマゾンでも買えるよー

689 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2008/05/30(金) 22:40:08 ID:d0wd4v+M0
わが闘争はドイツでは発禁処分だし、
アメリカでは危険人物扱いでブラックリストに載るぞ。
日本ってある意味アメリカより自由だなw
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。