--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-05-21

東トルキスタンのホロスコープ

151 名前: 1 ◆3Z7vqi3PBI 投稿日: 2008/04/24(木) 20:05:12 ID:LY4fSfp70
【東トルキスタン共和国】 1944年11月12日 クルジャ(伊寧)市

太陽と火星が非常に強い合 (オーブ 0.80)
 強烈なエネルギーの持ち主で、ごり押しをしてでも驀進しようとする。アクが強い。わがままでワンマンだが、
勇猛果敢で精力的。企業家などとして成功する場合もある。

月と海王星が強い合 (オーブ 1.49)
 吉角と凶角の両方の意味を併せ持つ。どちらかといえば吉。性格的に不透明で分かりにくい部分が多いが、夢見がちで、
不思議な魅力がある。ただし、自分の感覚を他人に押しつけるようなふしもある。(ダライラマとほぼ同じ星回り)

天王星と冥王星が強いセクスタイル (オーブ 1.71)
 信じられないような変革が成功する可能性を示す世代的座相。あまり強い意味はない。

火星と木星が強いセクスタイル (オーブ 1.75)
 非常に情熱的でチャレンジ精神旺盛。精力的に活動し、ぐんぐん伸びてゆく。

つづく
152 名前: 1 ◆3Z7vqi3PBI 投稿日: 2008/04/24(木) 20:06:27 ID:LY4fSfp70
太陽と木星がセクスタイル (オーブ 2.55)
 活力と発展の調和。勢い良く、どこまでも伸びてゆくことができる星回り。精神的には高潔で、寛大。
王者のような貫禄がある。(ダライラマと似てる)

金星と木星がスクェア (オーブ 2.75)
 鋭い美意識を持つが、浪費家で派手好き。けばけばしい。宝石や貴金属など、高価な物をみだりに欲しがる。
欲望に限界がなく、三食昼寝つきの安楽な生活を送りつつなお不満を抱いたりする。時に悪巧みをめぐらし、
ずる賢く立ち回るが、本人もだまされやすい。(長野聖火リレーと同じ星回り)


水星と海王星が弱いセクスタイル (オーブ 3.06)
 表現力とイマジネーションの調和。霊感に恵まれ、夢幻の世界を生き生きと表現する。
月と海王星の吉角の場合は単にイマジネーションに恵まれるだけだが、水星と海王星の吉角では
それを具体的に表現してゆく才能ないし素質が与えられる。音楽、絵画、文筆に適性。直観的に
物事を見通すことができるので抽象的な学問にも適性がある。性格は深みがあって魅力的。

月と冥王星が弱いセクスタイル (オーブ 3.21)
 異常なまでの感受性を持つ。しばしば病的。

月と土星が弱いスクェア (オーブ 3.36)
 感覚が鈍い。あるいは自分の気持ちを表現するのが苦手。浮ついたところはないが、冷淡で無感動。陰気で懐疑的。
孤独癖もあるようです。単純で素朴な喜び、心の中の小さなほほえみを大切にしてください。検事のような、
つねに冷静でなければならない職業には適性。(ダライラマと似た星回り)

つづく

153 名前: 1 ◆3Z7vqi3PBI 投稿日: 2008/04/24(木) 20:07:17 ID:LY4fSfp70
月と水星がごく弱いセクスタイル (オーブ 4.55)
 感受性と表現力が調和。生き生きとした鋭敏な感性を持ち、いろいろなことに興味を持つ。自分の気持ちを、柔軟に、
魅力的な表現で、言い表すことができる。知的で魅力あふれる、きらきらした人。

海王星と冥王星がごく弱いセクスタイル (オーブ 4.70)
 信じられないような夢をもたらす世代。終戦直後の1940年代後半、および1960年代にもこの角度ができている。
(建国時期的に中国も同じ星回りを持っている)

土星と海王星がごく弱いスクェア (オーブ 4.86)
 十数年に1度の世代的座相。夢の頓挫、計画の見直しを暗示。(ダライラマと似た星回り)

月と天王星がごく弱いトライン (オーブ 4.92)
 感受性と独創性の調和。ユニークな感性を発揮できる才能あるいは素質の持ち主。人とは違った独特の感覚を持っている。
風変わりで、おもしろい人。進歩的、未来的。自由・平等・友愛の精神を尊ぶ。

おわり

163 名前: 1 ◆3Z7vqi3PBI [sage] 投稿日: 2008/04/25(金) 12:09:15 ID:+sUUAU5i0
>>162
ありがとうございます。それでやってみます。

【東トルキスタンの感想】
良くも悪くも親分タイプ。
おしゃれは好きだけどいささか派手で実は
ロマンチックなツンデレの親分といった感じでしょうか。
(昔かたぎの任侠系にありがちな・・・)
チベットと手を組んだ場合、話しの合うところもありますが
互いに押しつけがましくならない注意が大切です。
星から見ても中国との相性は「互いの短所をぶつけ合う」
ような相性になってしまう気がします。互いにバカにしあったり、
理解できなかったり・・・
中国と対立した場合「雑で豪快な親分vs神経質なインテリ自己中」といった感じ。
ちなみに中国対ダライラマは「神経質なインテリ自己中vs自分の世界に浸る不思議ちゃん」
互いのテンポが全く合いません。

三者を結びつけるのは「美」。美の分野では互いに磨きあい有意義な話が出来そうです。
(案外それぞれが自分の言いたいこと言ってるだけで会話になってない芸術家サロン的
パターンになるかもしれませんが、ケンカするよりましでしょう)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。