--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-06-06

五輪マスコットの呪い

680 名前: カル ◆LcsowhYaBs [sage] 投稿日: 2008/05/30(金) 20:46:02 ID:VhU/vPSQ0
>>677
日本との協調路線を模索するコキントウは冷静に自国内の対日感情をリサーチてる気がする。
警察消防OK、自衛隊NGの結果を得て今後の政策決定に生かされると思う。
チベットなど人権状況の改善なしの友好はヤダけども、

それと中共は宗教否定派のくせに中国としては縁起は担ぐし、オカルト系はすごい気にするらすいw
特に地震を悪政への天の怒りと捉えるんだとw(新潮に書いてあた)
アメの俳優にイチャモン付けてるのは図星の裏返しと見たw

681 名前: 1 ◆3Z7vqi3PBI [sage] 投稿日: 2008/05/30(金) 21:11:55 ID:DEnHDc3q0
>>680
そのせいもあってか、国民の鬱屈を反映したかのような終末予言系
某宗教集団への取り締まりは異常に厳しいですね。

684 名前: 1 ◆3Z7vqi3PBI [sage] 投稿日: 2008/05/30(金) 21:45:01 ID:DEnHDc3q0
妙な噂、相次ぐ事件や災害は五輪マスコットの呪い?
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=0530&f=national_0530_026.shtml

30日、胡主席の原籍地で聖火リレー=北京五輪-四川大地震
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2008053001043
今日は抑圧の数字「8」の中に膨張、解放の数字「3」が内包さた日。よっ「8」が優勢ですね。
績渓県にある黄山は龍脈の上。>>475の事故が起きたところ。
日本人重傷者の負傷部位「脾臓」が中医学の視点から見て暗示的。

そういえば昨日のニュースで行ってた>>648の放射性物質は回収できたんでしょうか・・・?

more...

2008-06-06

ヒトラーの予言

659 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2008/05/30(金) 02:58:53 ID:PFU4f55G0
ヒトラーの予言とかは関係ないのかな・・?
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha400.html

※ ヒトラー率いるナチス・ドイツ軍は1939年9月1日午前5時、
ポーランドに侵入して第二次世界大戦を起こしたが、実は、その前夜に
ヒトラーは側近にこう語っていたという。

「明日は輝ける魔の日だ。自分だけに許された“定めの日”だ。
将来、この日、この時刻にまた大戦を起こそうとする者が東アジアに現れるだろうが、
自分以外の誰もこの日を所有できない……」


:「東方が巨大な実験の場になる」──『永遠の未成年者集団』の出現
↑これは意味わからないけど。

東アジアで大戦起こしそうな(起こせる)国
9月1日はオリンピック後?と、まあ、それだけなのだけどw
占い関係ないし卵も全然関係なくてスミマセン。

666 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2008/05/30(金) 11:29:08 ID:JwIoh7ZU0
>>659
そこを紹介するなら、これ↓を紹介しないと。

>ナチスとチベットの妖しい関係
> 第1章 ベルリンのチベット人死体の謎
> 第2章 ヒトラーに思想的影響を与えたハウスホーファー教授と「緑龍会」
> 第3章 ナチスと「来たるべき民族」伝説
> 第4章 「シャンバラ魔国」説を作ったテオドール・イリオンの探検記
> 第5章 20世紀最大の探検家スウェン・ヘディンとナチスの関係
> 追加  シェーファーSS少佐の「チベット探検隊」について
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha200.html

more...

2008-06-06

龍脈事故

643 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2008/05/29(木) 22:58:22 ID:8KAAeAuLO
次から次へと大変な国ですね↓

1 すらいむ一夜干φ ★ 2008/05/29(木) 13:53:20 ID:???
新華社電によると、中国中南部を襲った豪雨による死者が28日までに50人を超えた。

当局の集計では、貴州、湖南、江西の3省と広西チワン族自治区で、洪水や鉄砲水により
48人が死亡、25人が行方不明になっている。さらに湖北省でも落雷などで5人が
死亡した。

30人が死亡した貴州省では、一部地域で道路や通信が遮断されるなど大きな被害が
出ているという。

時事通信
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2008052900429



645 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2008/05/29(木) 23:03:30 ID:ZwNY5HSZ0
とてつもなく不謹慎ですが……。
これだけ自国で不幸事が続いたら
だれだって呪われてんじゃないかと不安になっちゃいますね。

早くどうにかならないものか

646 名前: 1 ◆3Z7vqi3PBI [sage] 投稿日: 2008/05/29(木) 23:07:33 ID:FQq6ynGH0
>>643
>貴州、湖南、江西の3省と広西チワン族自治区
>>2の龍脈図でいうと、一番南の龍脈南龍の上海へ向かう分岐点と
分岐を上海に曲がるあたりに相当する地域ですね。

648 名前: 1 ◆3Z7vqi3PBI [sage] 投稿日: 2008/05/29(木) 23:19:34 ID:FQq6ynGH0
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20080529-OYT1T00722.htm?from=navr
せき止め湖下流域に99個の放射性物質、30日までに回収へ

5.30は【8】の日です。抑圧側の数字。
本当に全部回収できるかどうか・・・真実の情報公開が抑圧されそう。


650 名前: 1 ◆3Z7vqi3PBI [sage] 投稿日: 2008/05/29(木) 23:41:47 ID:FQq6ynGH0
>>475
バス転落事故の起きた黄山を調べたら龍脈の上でした。

なんかバスの事故多いですね。

more...

2008-06-06

卵、盤古、鳥

613 名前: 1 ◆3Z7vqi3PBI [sage] 投稿日: 2008/05/29(木) 00:38:03 ID:FQq6ynGH0
>>164、>>173、>>219、>>304などで出てきた「卵」が何故だか妙に気になります。
グノーシス思想には「卵」に関するものはありませんでしたっけ?

以下は未だ何の根拠も論理もない妄想です。結論も何も出ません。

仮に卵を温めるのに十月十日(人間の妊娠期間)かかるとする。卵がいつ孵るかでいつ卵が産み落とされた
かがわかる。孵る日はいつなのか。仮に今年の冬至12月21日に卵が孵るとしたら、その十月十日前は今年の2月11日。
日本では建国記念日。チベットでは「2.11事件」が発生。
卵が孵るのが水星と金星が牡羊座の中で合になる日(3月29日~3.30日)の場合、卵が産み
落とされた日は6月19日から6月20日。タロットだと卵の父は皇帝、母は女帝。
ただし卵の生まれる場所が北京なのか中国なのかといえば、多分鳥の巣がある北京が有力。
・・・となると、北京で水星と金星が牡羊座の中で合になる日を探さなければいけない。
3月終盤に合が形成されるのは日本だから。

そういう空想自体無意味かもしれません。

2.11事件:
2月11日の夜、青海省黄南州同仁県で、当地の寺院が法会を開いたところ、
軍警により邪魔され、多くのチベット族僧侶、民衆の不満を引き起こした。
彼らが宗教の自由とダライ・ラマへの長寿への祝福をさけんだところ、当局は催涙弾で制圧、
200人以上の僧侶と民衆を狂ったように捕らえた。翌日、数千人の僧侶が、県城でデモを行い、
拘束された僧侶や民衆の釈放を要求。当局はこの圧力をうけて、拘束者を釈放せざるをえなくなった。
しかし、3人の僧侶と一人の老人が殴られて重傷をおい、青海省病院に搬送された。その後、
当局は西寧、鄭州からの特別警察の増員をうけ(ホテルには鄭州特別警察を歓迎、という垂れ幕がかかげられた)、
その兵力をもって、いわゆる2・11事件はいったんは収まった。
ttp://fukushimak.iza.ne.jp/blog/entry/557650/

more...

2008-06-06

禹王

607 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2008/05/28(水) 23:44:00 ID:X/1TJirP0
まったりだな~
禹王で話を調べたら色々あったようですね。
既出だったらごめんないさい。

・天帝(尭)の命を受けて鯀(コン)という人が治水を始めた。9年で挫折
・尭帝の怒りを買い、鯀は羽山に追い払われた。3年たっても許されないので
黄能(3歩足の亀)に姿を変えて羽淵に沈んだ。別の説ではゲンギョ(糸から下の点々をとって魚)になった。
それを見て驚いた人々が羽山に廟をたてて鯀を四季祭った。
・尭帝の後の舜帝が鯀の子、禹に治水を命じた。大亀や龍に乗ったり大騒ぎで治水成功。

大昔の本でエピソードを並べている感じの本なので治水に成功した禹がこのスレによく出てきた禹王なのか断言できません。
何か参考になればいいかな…

611 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2008/05/29(木) 00:29:56 ID:K3I/Eb4k0
>>607
「尚書」では鯀を「東夷南蛮西戎北狄」のうちの「東夷」としていますね。
「中央表す黄色の概念が入った「黄能」へと姿を変えた」
これは別の書なのでしょうが、興味深いですね。
後で夏王朝に関係づけられることで、中央におかれたのか?
「黄能」は黄熊ともされているようです。「能」は三本足のスッポンだとか。

「鯀」という人は、魚や水に縁の深い民族だったのでしょう。
その系列で「禹」を同定していたのではないでしょうか?
禹は鯀の腹から生まれたというのもありますね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。